MENU

もちろん、一定期間の使用などを条件にして割引サービスを受けることもできます。光について考えるときに契約が必要になってくるのが、プロバイダ契約です。

 

あまりその方面に通じていないという方にとっては、どれをどのように選んだらいいのか見当もつかないかもしれません。回線の契約とプロバイダ契約の2つが完了することによって、インターネットを使用することができるわけです。

 

光通信に関しては、業界をリードしているNTTをはじめとして、KDDIの提供しているサービスを検討することもできますし、あるいは他の電力系会社が用意しているサービスもあります。そのどちらにも、複数の選択肢があります。

 

それでも、さらにお得な契約を望む場合には、代理店選びを上手に行なう必要があります。基本的に、光通信を提供している会社と、プロバイダ会社では、サービスに対しての月額料金が定められています。

 

各代理店とも契約者を獲得するためにさまざまな戦術を用意しています。そのような時には、代理店に聞いてみるか、あるいはその特徴などを比較しているサイトなどの情報を活用できるかもしれません。

 

プロバイダに関しては、豊富な選択肢があります。