MENU

その回線で光を選択することによって、より高速で、しかも一度に大容量のデータ通信が可能になります。実際にインターネットを利用するためには、プロバイダと呼ばれるインターネット接続業者までつなげなければなりません。

 

そのほかにもADSL回線などがありますが、とにかく何らかの回線を使用して接続する必要があります。では、まずインターネットを使用することができるその仕組みについて考えましょう。

 

よくわからなくても、所定の手順に従って契約をして、毎月の使用料を支払えばそれでいいのですが、せっかくならちょっとだけでも光通信に関係した事柄を知っておくのはいかがでしょうか。自宅からプロバイダまでつなげるためには、そのための回線が必要になります。

 

周りの人たちも光通信を利用しているので、自分の場合もよくわからないけれど光にしよう、そのような方も少なくないでしょう。その回線として選択することのできるものの一つが光通信です。

 

流れとしては、光通信を選択するならば、まず光通信でプロバイダまで接続し、そしてプロバイダがインターネットに接続してくれるわけです。